全校朝会(防災について)

全校朝会(防災)
1月18日(月)に全校朝会を行いました。朝会の初めに、阪神淡路大震災で犠牲になられた方々に対して1分間の黙とうを行い、校長先生から震災ボランティアに参加したときの経験をもとにしたお話を聞きました。
地震などの自然災害はいつ、どこで起こるか分かりません。しかし、もし起こったときのために備え、準備をしておくことで、その被害を最小限にすることができます。今日の朝会を、もしものために普段の備えを振り返ったり、防災や命について考えたりする機会にしてほしいです。

新春席上揮毫大会

1月7日(木)新春席上揮毫大会を行いました。今年は密を避けるために、クラスを半分に分けて、各学年2教室で実施しました。
1年生の課題は「新たな決意」、2年生は「夢を信じる」、3年生は「友好の精神」です。
普段は筆を持つ機会が少ないのですが、みんな真剣な表情で取り組んでいました。優秀作品は市の教育書道展(市民センター:1/28ごろ)に展示される予定です。
新春席上揮毫大会

学校だより「清純・愛郷」No.19(1月7日)

清純・愛嬌 No.19(こちらをクリック)

〇飛翔 今年も宜しくお願いいたします。
新しい年が始まりました。年があらたまり、何となくあたりがすがすがしく、身が引き締まる思いがします。本日からスタートした3学期が終了すれば、3年生は義務教育終了!新しいステージへ。そして、他学年のみなさんは1学年進級することになります。短い学期ではありますが、新しい環境・新しい学年へのステップとなるように、充実したものにしてほしいと願っています。
〇会話しなくても成り立つ社会?
高度情報化社会が進展する中、他者と「会話しない」、すなわち「関わらない」でも、物が買えたり生活できたりする社会。とても便利な社会です。しかし、知らず知らずのうちに、私たちのコミュニケーション能力は低下していっているのではないかと思うのです。
コミュニケーション能力向上の基本。それは何と言っても、少しでも「人と出会うこと」「人と関わること」ではないかと、最近、考えさせられました。
〇「叱る」って、難しいですよねぇ・・?
教師も保護者の方も、子どもたちを叱らなければならないことが多いです。でも、叱るって本当に難しいと思います。頭ではわかっていても、どうしても感情が先行してしまって、いつのまにか「叱る」が「怒る」「怒り」に代わってしまっていることが多々ありました。ちょっぴり反省です。
子どもたちの多くは、叱られるとき、何故叱られるのか、何を言われるのかは理解している場合が多いです。そんな時に、必要以上の発言や感情による叱責は、かえって逆効果となります。
〇3学期の主な行事予定
「2月は逃げる・3月は去る」という言葉通り、月日の経過が非常に速く感じる時期です。お互い時間に流されるのではなく、1日1日を大切にしていきたいものです。